それでもただ

V6のちSMAPときどきKinKiに癒されたいひと

V6の理由

ていうか、そもそもなんで急にハマったかって話をします。長いよ。

V6が気になりだしたのは年始にあったSMAP解散報道がきっかけです。まずめちゃくちゃ衝撃を受けて、そういや私めっちゃSMAP(特に慎吾)好きだったなって思ったんです。記憶を遡ると小学生高学年あたりから。当時はかなりのテレビっ子でスマスマサタスマ録画して何度も見返したり、サタスマ本を買ったり、慎吾ママのお弁当レシピを作ってみたり、でも生まれて初めて買ったCDは嵐のデビュー曲だったり、全く意識してなかったんですがアイドルというカテゴリーはもともと好きだったみたいです。あと途中でkinkiの光一派?剛派?っていう話も友達同士でよくしてた。そうやってあの時代はよかったみたいな。おっさんみたいな、気持ちになってきたんです。

昔の記憶が蘇っていく中で、ふと思いました。そういや、あの年代ってV6っていうアイドルもいたよなって。

学校へ行こうで育った世代なので、彼らのイメージとなるとその番組のイメージと音楽の教科書に載ってた『WAになって踊ろう』。そんぐらいしか知らなかった。でもあの番組の作り方はV6のアイドルとしての魅力を押し出すより、バラエティ番組っていう印象の方が強かったのでそこで特別V6にめっちゃハマるということはなかった。でも曲めっちゃ出すなこのグループって印象あって、当時Mステも毎回見てた人なのでなんとなく歌えそう、あ、この曲知ってるっていう現象が私の中で起きててCD買ってないのにカラオケで歌うってこともよくありました。某ドラマ主題歌の『Darling』が好きすぎて、何回も何回も聞いて覚えて、カラオケでめっちゃ歌ったりしてた。(ただしCDは買ってない)

でもあの番組が終わって、テレビで見ることが本当に少なくなって、私自身も大人になるにつれてテレビ離れが加速。実は社会人になって(ちょうど20歳)から数年間テレビを全然見ない生活してました。ニュースをちょっとみるぐらい。それがハマってからテレビは買うわ、DVD買うわ雑誌は買うわ・・・もうてんやわんやだよ!!!(喜んでいる顔)

テレビで見なくなったって勝手に思ってたんですが実はみんなちょこちょこ出てるんですよね。テレビ買ってから知った。

話が逸れました。本格的にハマった理由はやっぱりネットの力が大きいです。そういやV6って今なにしてるんだろう~?って検索してるともう膨大な情報が出てくるわけですよ。一番気になったのは『20周年』ってワード。え、まじで?って思いました。もうそんなに?え?カミセンって何歳?トニセンってイノッチとあと2人誰だっけ?

検索しまくりました。もうそこからは検索の渦に飲み込まれてたどり着いた先はV6という名の大海原。気づいたら部屋にTVと雑誌とCDとDVDがありました。コワイネ。

ビジュアル的には岡田くんが一番好きだな、だってかっこいいしっていう単純な思考しか持ってなかったんですがもう検索すればするほど全員良いやんけ、ってなって最終的に誰担か分からないぐらいにドツボにハマっていました。そうなっちゃったのは、メンバー全員の性格がとても分かりやすくて良いっていうのもありますが好みの楽曲が多いのも理由のひとつです。私はわかりやすくJPOPっていう曲調がどうも好きらしい。その辺は今後ちょこちょこ書かせて頂きたい。

ビジュアル面もそうですが、1人1人の性格。あんなにわかりやすく、エンターテイメントな性格してる人たちっているのだろうか。

SMAPの解散報道がきっかけでV6にハマったんだよっていうだけの話です。